脳をコントロールするワクチンを作るための計画が暴かれる

(出所:アルシオン-プレヤデス)

「最後に、生体の破壊には、電磁場が生む嵐があるのみならず、また私達人類の血液や血管の中に入れて、意図的に感染を生むという汚染が存在します。 これを行った後に、ワクチン接種を民衆に義務づける法律を制定するでしょう。 そしてこれらのワクチンの中に、民衆がコントロールされ得るために必要な全てが存在するでしょう。 それらのワクチンには、脳の細胞に留まる液晶が投入され、それが電磁場のミクロの受信機と化すでしょう。 それらの電磁場は極めて低い周波数の超音波を介して伝えられ、それによって、民衆が考えないようにさせ、彼らをゾンビにできるでしょう。

 私が述べていることを仮説だと思わないでください。 私が伝えていることは、事実です。 ルアンダのことを思い出してください! また最後に、国連がアメリカに建築した収容キャンプのことを。 私は、アメリカに、その領土にある収容キャンプを示す写真を、家に持っています。 これらの収容キャンプには、新たな市民の定義に賛同しない者達が入ることになるでしょう。 アメリカには、25の小さな地下都市が存在しており、そのうちのいくつかには、全長160㎞のトンネルがあります。 ご存知でしょうか、ワシントンには、ホワイトハウスの下に地下17階があり、その最下層には接続が存在します。 そして、誰もがそこに入れる訳ではありません。 これは、ワシントンで何かが起こると予想されているからです。 これらの出来事は、確実に起こると予想できます。 なぜなら彼ら自身が、それらを引き起こすからです。 あなた方は、それを理解しなければなりません。」