自由を取り戻す責任


意識に対する戦争に勝つ
私達の内面の力を取り戻す、差し迫った必要性

精神的な戦い


私達にとって意味のないものについて疑問を抱くことはポジティブであり、答えを得る価値がある。 特に、自国の政府が度を越しており、擁護すべきはずの法自体を無視している場合、私達が不当なものだと考える命令に挑戦する権利を、私達は有している。
疑う余地はない:私達は精神的な戦いのただ中にある。
だが、勇気を持とう。 思うに、私達の周囲で起こっていることは全て、それがあるレベルにおいて、いかに邪悪なものであろうと、高等な知性によって導かれている。 歴史上の今現在、人類は思春期から成熟期へ移行しつつある。 その中で私達は、個人的にも集団としても、責任を担い始めている。 批判的な人々の集団がこの考えを受け入れる時、私達は軌道を変えることができ、現在の自己本位的支配階級の束縛から自らを解放できる

現実世界における行動主義とは何か?


パンデミック(世界的流行病)の対策に対する世界中での集会やデモの大半は、平和的なものであった。 それが、功を奏する唯一のやり方である。 もし私達の唯一の目的が、支配階級を打倒し、残忍な罰を彼らに与えることだと断定するなら、その時私達は、支配階級がそのエリートの小集団の命令下に置いておくために、四六時中用いてきた分裂を永続させるのみになってしまう。 効果的な行動主義とは、常に精神的な要素を有する。 鏡に映る自分を見て、内面作業を行うことを必要とするのだ。 それが自己責任を築き、私達が世界に己を示すあり方を変える。 より分別と、真実に対する献身をもって、世界を見ることを必要とする。 長年の間、偽りが私達を分断してきたが、真実の単一性が、私達を統合し、真実の共有が私達に力を授け、私達を自由にする

意識に対して為されている戦いに勝つ:
深層国家から私達を解放する大いなる目覚め


私達の文化は、ねつ造され、社会的に考案された存在であり、一般的に受け入れられる話を維持するために深層国家が作り上げた。 その目的は、人工的なものと実際のものとを識別する私達の能力の歪曲を介して、人類を隷属させることだ。 情報をコントロールする者達は、私達の物の見方をコントロールする。
私達はそれぞれ、己の独自の観点から、自分の現実を作る。 それは、瞬時に私達の周波数を変える。 その後、それに応じて思考で決断を下すのだ。 結局のところ、世界がどれほどひどいカオスに見えようと、何であれ、たとえ深層国家であろうと、私達ほどの力を持たない。 なぜなら私達は、創造主そのものであるからだ。 愛する能力は、私達がこの人生で受けた最も強力な贈り物だ。 私達の心が行う術を知っていることを、決して軽視してはならない。 これは、私達の体や意識に対するパワーおよび主権を回復し、心の導きのままに行動するための、呼びかけだ。

人類に対して用いられている世界的な詐欺行為


「ある人達は、プログラムされた昏睡状態に日増しにより没頭しており、また別の者達は、昏睡状態から目覚めつつあることが、極めてはっきりと見て取れます。 私達が行わなければならないことは、精神的なことであり、感覚的なことでもあります。 それをただ眺めるだけの状態から、それに協力しないことへと、移行するのです。
私達は、自分達につけられ、また自分でもつけているそのあらゆるレッテルを介して、己を見ています。 『それが私というものだ』と述べて。 その人間的なものの認識の全ては、『私達は単なる人間にすぎない』し、私達には時間がないというものです。 『これをしなきゃ、あれをしなきゃ』というこの種の態度を、私はたえず目にしています。 私というもの、私達皆というものは、恒久的な探求の旅を行っている意識です。 したがって、起こり得る最悪のことは、私達の限りない永遠の探求を続けることです。 ですから、これは経験なのです。
このようにして、物事を違った目で見ることができるでしょう。 この時代に起こっていること、そして起こってきたことは、対象の民衆に低い振動周波数を叩きこむために、出来事を操作してきた力が存在する、というものです。 人類は、己の牢獄を構築するくらいに、知的面において、十分に発達するよう訓練されてきました。 ただし、自分たちがそれを行っていると分かる程には、賢くならないように。 それゆえ、知性をこれほど崇拝しているのです。
知性は、私達を奴隷化するために考案されたあらゆる技術を生むことができます。 そのようなことをしていると気づかせずに。 [その力]の『意識』の概念は、人間の意識を吸収し、それを自身の反映と化し、同化する、というものです。 それゆえ、愛や憐れみの表現や、人間的な交流、共感を、望まないのです。 私達が分裂をもたらすつまらない差異を取り消すことを望まず、また結局は、私達がどのように自称しようと、肌の色が何色であろうと、誰もが異なる経験を生きているただ一つの意識だと、私達に気づかせたくないのです。 それを望んでいません。なぜか?なぜならその周波数はあまりにかけ離れているため、同化できないからです! それは、極めて人工的な一種の『意識』なのです。 ではそれを告げる時に思い浮かぶのは、何でしょうか? 人工知能です。
今や、人間の脳とAIをつなげたいと、公に言われています。 思うに、AI技術と人間の脳との技術的接続は、その『意識』が入って人間のマインドを吸収し、人類をハイブマインドと化すための構造を生み出す媒介物なのです。 そういう構想なのです。 そこでは、人類全体が、指令を受信し、中枢から制御されるコンピュータ端末と化します。 一度それが起こると、変えることは極めて難しくなります。 もはや、変化を決める独自のマインドを持たないからです。 もうその人のマインドではなくなるのです。 結局のところ、優位になる意識がどちらか、という問題なのです。 私達は寸断された潜在的な意識となるよう、操作されてきました。 それが、全てのレッテルや、無力感を己に当てはめさせます。 それが彼らの構想なのです。
では、その反応はどうでしょうか?
私達は、どこに力があるのかを見出しました! 彼らは狂ったように検閲しています。 なぜならどこに力が宿るのか、知っているからです。 彼らは私達を分裂して、統治しています。 なぜならどこに力が宿るのか、知っているからです。 私達が気づく時、このゲームは終わるでしょう。」

今こそ、緊急に目覚め、私達は幻影を経験している永遠の意識であることを思い出す時だ。 私達はかつてないほどに、正直かつ勇敢になり、大規模に蜂起し、団結し、ただ一つの声、ただ一つの心となる必要がある。 彼らが私達に課したがっているあらゆる奴隷制から、遂に自由になるという、私達の魂の正当な権利を要求するために。