人間の本質は「意識」という強力な神のエネルギー


 あなたには悩みがありますか? 人はよく何かの罰として、自分が悩み苦しんでいると考えます。 ですが、本当はその人自身の心が、自分を罰しているのです。 地球世界には、こうした似たような考え方が圧倒的に多く、そうした考え方の集積が罰を生み出しています。 ですが、自分の心をコントロールできるようになると、自分の運命をコントロールできるようになります。 神が人間に苦しみを与えていると言いますが、それは真実ではありません。 それを作り出したのは人間です。 人間の意識が、自分たちは大いなる源、根源的エネルギーから分離し、神から分離したこの物質的現象界を生み出した事に気付いた時、この物質界で抱く感情は、大いなる源の完全性を反映していないことを知りました。 それ以降、長い年月を経て人間が築いたのは、心の安らぎと完全性を自分の外側に求めるのは間違いだということを、人間に知らせる最良の手段が、悩みや苦痛だということでした。 普通は、外界から内なる世界へと人の注意を方向転換させる手段として、人間が選んだもののひとつですが、それが唯一の手段である必要はありません。 人は苦しみを通してしか神を見つけられないと、昔から教えられてきました。 そのように信じるならば、その考え方に従い、あなたは神の元へ帰るために苦悩し続け、自分だけでなく周りのものを惨めにし続けるでしょう。 苦しみは、このように昔から有効な手段と考えられてきました。 「苦労は買ってでもしろ」と。 ですが、できることなら苦悩の助け無しに、自分の本質や神を発見したいとは思わないでしょうか? 苦悩以外に、どんな選択肢があるのかを理解すると、苦悩という手段を使い続ける必要がなくなります。 それは選択の問題なのです。 あらゆる思考の一つ一つを、自分で選択して行くのです。

 エゴに支配された心の基本法則は、決してあなたを満足させないこと。 もっと他を探させること、そしてもっと多くの欲望の充足を絶えず求め続けさせることです。 そこで、まず自分の欲望の力を理解する必要が出てきます。 欲望は中毒性を持っています。 何かの中毒になっている場合、それが無ければ生きていけないと思うような場合、自分を完全にするためには、今自分には無い何かが必要だと信じています。 そして人は、皆この完全性の存在しないところにそれを探しています。 ですが、あなた方はそれを見つける方法を知りません。 それがジレンマの一つの理由です。 では、この大いなる完全性をどこに探したらいいのでしょうか? 自分の内なる完全性を見つけるには、一瞬一瞬の瞬間が現われるその瞬間の力を使って、自分の存在が感じられる心の奥深くに自分を引き込み、その中心で憩うことを選択してください。 そうすると、自分の本当の姿が見えてきます。 もし可能なら、覚醒し終えてこの次元を去った者たちが、この物質的現象界に戻ってきて、残っているすべての者達に覚醒の秘密を授けるだろうとは思いませんか? それが可能なら当然そうするでしょう。 でもそれは出来ないことなのです。 私たちに出来ることは、あなたに出口を思い出させてあげることだけなのです。 出口は、自分や他人を批判し、責める心や分離意識を超えた、ずっと奥の方にあります。 目標は、心の奥深くで深い安心感に包まれて、ゆったりと憩うことです。 そこには、あなたを一なる神に結びつける、愛と慈しみが存在します。


 不安に悩んだり、自分や他人を批判する心が、あなたを繰り返す堂々巡りのサイクルに縛りつけています。 ですが、そこから離れる道は実に簡単なのです。 自分や他人への不満や批判や不快感、そして不安から自分の注意をそらし、安らぎの存在する心の奥深くへ沈潜して行ってください。 そしてこれを、一日に100回、1000回、あるいはもっとたくさん、とにかく心の安らぎしか存在しないと言う日が来るまで続けてください。 あなたの人生が、今現在の状態にあるのは、ある基本的な理由によるものです。 つまり、あなたが大いなる光との結びつきを深めるために、どうすればいいかを発見できるように、あなたという存在の無限の叡智が、そのための完璧な筋書きを自ら用意したからです。 あなたという本質的大いなる完全生にとっての唯一の目標は、あなた自身の中に存在する神である自己に気づくことです。 あなたは本質的に、純粋な目覚めた意識です。 それ以外の定義、例えば罪の中に生まれたとか、誰かによる救いが必要などは全て嘘です。 もっと自分の意識に注意を払うようにしてください。 そうすると、自分と大いなる光を隔てているのは、自分や他人や世界を批判する、自分のエゴの心なのだということがわかります。 そうした裁く心が、あなたが大いなる光を知り感じ体験し、その中に溶け入ることを妨げています。 あなたが、内なる神から隔たっている原因はそれだけです。 あなたには真実が見えていませんが、それでもあらゆる瞬間は、自分の真の姿を完全に知るための、素晴らしい可能性に満ち溢れているのです。

 自分が見ている本質は、見かけとは違うのだという事を忘れないようにしてください。 あなたの目の前、つまり外の世界で繰り広げられているのは、神から分離した意識が作り出した嘘の世界であるという事を忘れないでください。 嘘の世界を信じる必要はありません。 大いなる完全性を体験するためには、善良で純真で高潔にならなければならないということはありません。 なぜなら、そもそも善というものは存在しないからです。 つまり、善は悪の存在を必要として成り立っているもので、これらはどちらもニ極性という価値判断にもとづいた言葉です。 そうではなく、純粋な目覚めた意識を持っているか、あるいはエゴに支配されて混乱した意識を持っているか、そのどちらかしかありません。 選択肢はそれしかありません。それだけです。 自分の意識、考えや感情をコントロールする決心をしてください。 あなたの意識は、毎瞬毎瞬あなた自身によって、どこかに位置づけられています。 つまり、あなたはその瞬間ごとに、選択する立場に居るわけです。 自分が見ている者はカモフラージュされているということを思い出し、その奥にあるものに向かうのか、目の前のニ極性の世界に囚われてしまうのか、そのどちらかです。


 意識をコントロールするのは難しいと、あなた方は言います。 ですが、何に比べて難しいというのでしょうか? 自分の思考を、注意深く観察してみてください。 自分の内なる静寂さに意識を沈めることに比べると、思考の方がずっと多くの悩みや苦しみをもたらして人を弱らせ、気力や体力を失わせることに気づくでしょう。 文字通り、一日に何十回、何百回と、自分の内面深くに意識を向け始めると、あの素晴らしい澄んだ意識の境地、それは本来、あなたの本質であるものが、あなたのエネルギーの焦点となります。 あなた方は、考える度に何かに力を与えているのですから、常に何かを選ばねばなりません。 自分を否定したり、批判したり、あるいは自分は孤立しているとか能力がないとか、そのような考えに力を与えたいと思いますか? あなたが繰り返しそういう考えをする度に、あなたはその考えに力を与えているので、それらは力を持ち増加して行きます。 意識は強力なエネルギーなので、それが事実現実となります。 あなたの本質は大いなる真理であり、大いなる光への道です。 あなたこそが道であり、真理なのです。 自分の意識を一つに集め、自分の望むところへ置いてください。 そうすれば意識は、貴方が動かすまでそこにとどまっているでしょう。 それは全くあなた次第なのです。