mRNA遺伝子治療の危険性


 通常、メッセンジャー RNA(mRNA)は体内では遊離していません。 なぜなら、それは危険信号だからです。 分子生物学のセントラルドグマ(DNA → RNA → タンパク質へと指令が流れる生物の中心教義)は、私たちの遺伝暗号である DNA が、メッセンジャー RNA に転写、書き込みされることをあらわします。
そのメッセンジャー RNA はタンパク質に翻訳されるか、細胞内の遺伝子発現を調節するための調節能力で使用されます。

 したがって、メッセンジャー RNA を合成し、それを熱安定性にすること、つまりメッセンジャー RNA が分解されないようにすることには問題があります。 遊離した RNA と DNA を分解する酵素がたくさんあります。 遊離した RNA と DNA もまた、免疫系への危険信号であるためです。 それらは文字通り炎症性疾患を引き起こします

 ポリエチレングリコール、および脂質ナノ粒子は、体のすべての細胞に入り、この合成 RNA で自分の遺伝子の調節を変えることができます。 その一部は、実際には遺伝子のメッセージです。 たとえばシンシチンがあります。 シンシチンは、ヒトゲノムにコードされている内因性ガンマレトロウイルス・エンベロープです。 シンシチンが……体内の、たとえば脳で異常に発現し、これらの脂質ナノ粒子が入ると、多発性硬化症になることがわかっています。

 その遺伝子の発現だけでも、ミクログリア(中枢神経系の免疫担当細胞)を刺激させます。 それは文字通り炎症を起こし、脳ミクログリア間のコミュニケーションを調節不全にします。 脳ミクログリア間のコミュニケーションは、脳内の毒素や病原体の除去と星状細胞とのコミュニケーションに重要なものです。 免疫系だけでなく、炎症の調光スイッチである 内在性カンナビノイドシステムも調節不全にします。 臨床試験では、多発性硬化症が有害事象としてすでに見られています。 筋肉痛性脳脊髄炎も見られます。 これは脳と脊髄の炎症です。

「アメリカ・フロントライン・ドクターズ 」
サイモン・ゴールド医師 (Dr. Simone Gold)

mRNAワクチンの接種は、
脳と脊髄の炎症を引き起こし、プラーナ(生命エネルギー)の流れを阻害し、人間の霊的進化を妨げる可能性があります。


ワクチン接種をご検討の方は、冷静な判断を!
接種後に亡くなった健康な方々が大勢います。にも関わらず、その事実は報道されません。
https://www.bitchute.com/channel/Favourites-alcyonpleiades-jp/
コロナワクチン 副反応データベース検索
https://covid-vaccine.jp/pfizer-medi
ワクチン接種による欧米での今年の死亡者は22,800人 重症者は783,528人
https://twitter.com/GAIAFORCETV/status/1414835110550016022
国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出
https://www.sanspo.com/article/20210624-IOQJULJCVRMBXMZXIDJG6SDUHA/
人類は大きなミスを犯しました。スパイクタンパク自体が毒です。
http://ochakai-akasaka.com/counseling/210611-bridle/
コロナ病棟医師の本音「医療崩壊」ではなく「医療モラル崩壊」
http://ochakai-akasaka.com/counseling/210711-covuni/
妊娠初期の女性が mRNA ワクチンを接種した場合、流産率が82%
https://indeep.jp/catastrophic-effects-on-early-pregnancy-on-mrna-corona-vaccine/