ニュー・アース

お金の仕組み お金も愛も幸せも 『思考』の正体 自由を手に入れる

 私たち人間は、邪悪な者が支配する社会の枠組みによって、マイナス想念波を出すように仕組まれています。 人々は決まった思考パターンに知らず知らず洗脳され、バランスが取れる思考方法を教えられてはいません。 というより、その考え方をストップさせられ、限られた知識から学んだ思考パターンによって、マイナス想念波を出すように仕掛けられているのです。 この仕組みは実に巧妙に出来ており、これがこの地球を取り巻いてしまった、大きなマイナス想念波の秘密です。
 では、どうすれば良いのでしょう? その答えは、私たち一人ひとりがこの罠に気付き、自分の『波動を上げる』普遍意識を知ることにあります。 自分自身に内在する神性に意識を向けましょう。


第1章 私たちはいますぐ進化しなければならない

#1 花、開く
変化をもたらすためのツール
人間に固有の機能不全
#2 新しい意識
スピリチュアリティと宗教
変容の緊急性
新しい天と新しい地

第2章 エゴという間違った自己のメカニズム

#3 世界をありのままに見る
幻の自己
頭のなかの声
エゴの中身と構造
#4 アイデンティティとしてのモノ
なくなった指輪
所有という幻
#5 欲望:もっと欲しい
身体との同一化
内なる身体を感じる
#6 忘れ去られる「大いなる存在」
デカルトの誤りからサルトルの洞察へ
すべての理解にまさる安らぎ

第3章 エゴを乗り越えるために理解すべきこと

#7 エゴの構造
不満と恨み
反応と怨恨
正しいか、間違っているか
幻想の防衛
#8 真実:相対的か絶対的か?
エゴは個人的なものではない
闘いは心の癖
平和と波乱、どちらを望むか?
エゴを超えて:真のアイデンティティ
#9 すべての構造物は不安定
優越感をもちたいエゴ
エゴと名声

第4章 エゴはさまざまな顔でいつのまにか私たちのそばにいる

#10 どれもエゴである
悪人、被害者、恋人
自己の定義を捨てる
事前に決まっている役割
一時的な役割
手に汗握った禅僧
役割としての幸せと、真の幸せ
#11 親であること:役割か機能か?
意識的な苦しみ
意識的な親
子どもを認める
#12 役割を演じることをやめる
病的なエゴ
そこはかとない不幸
幸福の秘訣
#13 エゴの病的な形
エゴがつきまとう仕事、つきまとわない仕事
病気とエゴ
集団的なエゴ
不死の決定的な証拠

第5章 ペインボディ~私たちがひきずる過去の古い痛み

#14 エゴから解放される瞬間
感情の誕生
感情とエゴ
#15 カモに人間の心があったら
過去にこだわる
個人と集団
ペインボディとはどのように糧を補充するか
ペインボディの糧となる思考
#16 ペインボディの糧となる波乱
重いペインボディ
娯楽、メディアとペインボディ
女性の集団的ペインボディ
国家や人種とペインボディ

第6章 「いまに在る」という意識が私たちを解放する

#17 認識すること
「いまに在る」こと
ペインボディの逆襲
子どものペインボディ
#18 不幸
ペインボディから自分を引き離す
「引き金」
目覚めのきっかけとしてのペインボディ
ペインボディからの解放

第7章 本当の自分を見つける

#19 自分は何者であるか
あなたが考える自分
豊かさ
自分自身を知ること、自分自身について知ること
混沌とより高い秩序
#20 善と悪と
何が起ころうと気にしない
「ほう、そうか?」
エゴと「いま」という瞬間
時間のパラドックス
時間を消去する
#21 夢を見る人と夢
限界を超える
生きる喜び
エゴの縮小
外も内も

第8章 内なる空間の発見

#22 これもまた過ぎ去る
モノの意識と空間の意識
思考より下、思考より上
テレビと意識
#23 内なる空間の認識
谷川のせせらぎが聞こえるか?
正しい行動
ただ認識する
経験しているのは誰?
#24 呼吸
依存症
内なる身体への気づき
内なる空間と宇宙空間(アウタースペース)
ギャップに気づく
自分自身を発見するために自分を捨てる
静寂

第9章 人生の目的は「何をするか」ではなく「何者であるか」

#25 内なる目的と外部的な目的
目覚め
#26 内なる目的に関する対話

第10章 新しい地

#27 形ではないもの
あなたの生命の短い歴史
目覚めと回帰の運動
目覚めと外への動き
意識
目覚めた行動
#28 目覚めた行動の三つのモード
受け入れる
楽しむ
情熱を燃やすこと
新しい意識の担い手たち
新しい地はユートピアではない

- ご提供者 Yumiko Ema 様に、心より感謝を申し上げます。